地震の恐怖

3月11日におきた東日本大震災。

日本が地震大国とはいえYとても大きな被害をもたらしました。

東京などの都市部では帰宅難民で人がごった返していたのを覚えています。

毎日、疑ってしまう様なシーンがどんどん流れていく中できっと放送出来ない様な光景もあったでしょう。

ニュースリポーターもインタビューになんども言葉を詰まらせていました。

その光景にテレビの前で涙する事しかできなかった事を覚えています。

しかし、その中で心が温まる映像を見る事が出来ました。

東京ディズニーランドの映像でした。

震災直後、東京ディズニーランドも同じ様に揺れました。

埋立地の為、液状化現象まで起こりました。

しかし、日頃の最悪を想定した防災訓練の成果によりスタッフも決してうろたえることなく来場していた7万人のゲストを必死に守ったそうです。

皆が口にした「想定外」と言う言葉を想定内と受け止め行動に移したのです。

ディズニーランドで働いている9割がアルバイトです。

祖のアルバイトが必死になってゲストを守り抜きました。

年間180回行われる防災訓練。計算すると2日1回はパークのどこかで防災訓練が行われている事になります。

園内には最悪をそうていして24時間体制でファイアキャストと呼ばれる従業員がスタンバイしています。

ディズニーリゾートは、震度6強の地震と10万人の来客者を想定して訓練を行っていたそうです。

そして、普段からお店の者を使ってお客様の頭を守ってもらってもよいという意識があったので、あるスタッフはパークで売っているぬいぐるみをゲストに配ったそうです。

普段は決して表に出さない段ボール等ある物を全て配ったそうです。

そして、夜になり少しの雨と寒さがゲストたちを襲いました。

比較的早く安全確認が取れたのがディズニーシーでした。

しかし、シー間で行くには道のりも長く液状化が進んでいる為、全員を動かすのは不可能でした。

そこで、ディズニーリゾートは夢の国でありながらお客様の安全を最優先Jする為に、従業員入口を通りシーまで移動させました。

今までにない事でした。

決して見せてはならない裏の顔をお客様に見せてしまいます。

しかし、優先したのは安全面でした。

パークで一夜を明かした人達にシンデレラ城の朝日を伝えたり、パーク内の隠れミッキーの話をしたりどんな時でもエンターテイメントの心を忘れなかったキャストたち。

耐震診断や耐震構造がちゃんとされているとは思いますが、パークに残されたゲストはとても不安だったでしょう。

しかし、同じ被災者なのに最後まで笑顔を忘れなかったキャストの人達のプロ意識の高さには圧巻でした。